産毛の処理をしたいけど肌荒れや乾燥がひどくて

顔の産毛処理をすると赤く腫れたり肌荒れを起こしたり、人によっては乾燥がひどくなることもあります。
正しい方法で処理を行っていても、肌への負担はゼロではありませんので、肌が弱い人は注意が必要になります。

 

そんな私も肌が強い方ではなく、産毛は処理したいけど頻繁に処理すると肌荒れがひどくなるので困っており、紫外線や乾燥のダメージも加わるともう大変です。

 

いろいろ試したり調べたりして解ったのは

 

産毛処理で角質が傷つく

     

肌が弱いとダメージが大きく修復に時間が掛かる

     

ダメージの残った状態で産毛処理をして悪化する

 

このような悪循環で肌の状態が悪化して赤みが出たり乾燥が進んでいたのですね。

 

美容雑誌で紹介されているように敏感肌用のケアでなければ角質の修復が間に合わないために軽い炎症を起こしていたのですね。

 

敏感肌用のスキンケア化粧品では、資生堂dプロブラム、ディセンシア、ビーグレン、アンプルールなどが有名ですが、雑誌の特集などでよく見かけるディセンシアを試してみました。

 

難しいことは解りませんが、特許成分でアトピーでも炎症を起こさずにスキンケアできることに注目しました。
また、ディセンシアがポーラ研究所で開発されたポーラ・オルビスグループの敏感肌専用のブランドであるためメーカー的にも信頼と思い選びました。

 

化粧品ですので個人差や好みもあるので何とも言えませんが、私にはとても合っているようです。

 

気になる方はトライアルセットで試してみてはいかがでしょうか。

 

エイジングケアもでき
>>コラーゲンを再生するアヤナス

 

黒ずみやくすみが気になるなら
>>美白もできるサエル